君津元気企業

千葉県指定無形民俗文化財 鹿野山はしご獅子舞

[ 講演・文化 ]
期間
2018年04月28日
時間
12:30~
場所
鹿野山九十九谷公園
参加費
無料
募集人数
特に指定なし
毎年4月28日の白鳥神社の祭礼に九十九谷を一望する神社前の「天涯」と呼ぶ広場において演じられます。
伝承によると永正元年(1504)に紀州高野山の名僧弘範上人(こうはんしょうにん)が真言密教を布教するために霊地鹿野山を訪れた際、上人の徳を慕って紀州から木こりたちが移りすんだといわれています。
はしご獅子舞は、この木こりたちが遠く離れた故郷の奥高野を偲び、四肢に託して舞ったのが、始まりであると伝えられています。
獅子舞は2人1組で、最初、はしごの下に牡丹の花にたとえた榊の前で乱舞した後、断崖に模した長さ約10メートルのはしごの上に登り、奥高野に住む牡獅子を慕う牝獅子の荒れ狂う様が演じられます。
このはしご獅子舞は昭和38年5月4日千葉県の無形民俗文化財に指定されています。


平成30年4月28日(土)
 12:30~はしご獅子舞の予定

 10時頃から山車がでます

当日の天候によって時間が前後する場合がありますので、ご了承ください。
千葉県指定無形民俗文化財 鹿野山はしご獅子舞
お問い合わせ リンク先をご覧下さい
関連サイト http://kimikan.server-shared.com/ivent/kimikan-ivent-04hashigoshishismai.html
投稿管理PASS :